心のモヤモヤはうつかチェックが大切|気分安定で毎日すっきり

完治の概念はなくす

レディたち

うつに悩まされている人は完治を求めて治療に専念することでしょう。しかし、うつは複雑な病気ということで、完治という概念はないといわれています。症状が和らいだときを寛解と呼び、再発の可能性も含めた呼び名として浸透しています。寛解の時期に差し掛かった場合でも油断せずにうつの症状と向き合うことが重要になってくるでしょう。精神科や心療内科では寛解でもうつの症状について細やかにチェックを進めていきます。些細なことでも気づき、ケアを進めてくれるので、心への負担を和らげていくことが叶うでしょう。なお、医師と患者も人間同士ということで相性もあります。長期に渡るうつの治療であるため、医院選びは慎重に進めておきたいところでしょう。

うつを克服するためには治療薬が用いられます。なお、飲みすぎてしまうと副作用に悩まされてしまうので、用法用量を守り、なるべく頼らずに過ごせるようケアを進めておきたいところです。最低でも半年は治療薬が必要ですが、徐々に減らしていくことを意識すればうつとの決別が期待できます。うつの治療薬の量についても精神科や心療内科の医師によってチェックしてもらうことができます。症状の具合をこまめに知ることにより、回復のチャンスを失ってしまうことがなくなるでしょう。

治療に必要な期間といったら1年くらいが必要だと言われています。うつを抱えている患者にとっては健常者よりも長く過酷な期間になってしまうでしょう。そのためにも、うつに詳しい人からのサポートが不可欠になってきます。チェックしてもらうことにより、症状を改善するためのヒントが多く得られます。また、治療薬以外にも考え方を変えたり、趣味に没頭したり、運動をしたりすることで回復が期待できます。人によって最適な方法は異なってくるので、うつのチェック結果を元に決めておきたいところです。ネットではうつの治療に対応している医院について紹介しているため、参考にしておくことで、自分にとって通いやすいところが見つかるでしょう。また、セミナーを開催している団体もあるので、そのような機会を利用することでうつを抱える人と交流するきっかけが得られるかもしれません。

TOP